思い出とともに|皮膚病になった犬はすぐに動物病院へ|大切な家族に守る為に

皮膚病になった犬はすぐに動物病院へ|大切な家族に守る為に

思い出とともに

お線香

愛する者の旅立ち

ペットが亡くなったとき、みなさんはどうしているのでしょうか。昔であれば山に埋めたり川に流したりする人もいたでしょうが、いまは勝手にすると法令違反になる可能性もありますし、なによりペットには無事に旅立ってほしいと願うものです。いまはペット葬儀をする人がかなり増えています。犬や猫が特に多いですが、インコやハムスターなどの小動物でもペット葬儀がおこなわれています。ペット葬儀の進め方は人間とあまり変わりません。火葬して霊園に埋葬し、お経をあげてもらう形が一般的になっています。もちろん飼い主さんはすべてに立会いができますので、思い出とともに愛するペットを見送ることができます。依頼は電話一本ですぐに駆けつけてくれるので、遺体をしばらく放置することもありません。

すぐに対応

火葬は専用の車でおこなわれますが、そこにおもちゃや大好きなおやつなど、ペットとの思い出の品を入れることも可能です。火葬が終わるとすぐに納骨となりますが、ほとんどの場合は合同霊園に埋葬されます。もちろんペット専用のお墓を作っている人でも大丈夫です。定期的に合同慰霊祭がおこなわれていて、飼い主さんには事前に通知があります。ペット葬儀にはさまざまなプランがあり、飼い主さんの要望にできるだけ応えてくれます。また、ペットはいつ亡くなるかわかりませんので、受付は365日24時間のところもたくさんあります。できるかぎり早めに火葬はおこなわれますが、しばらく期間が開く場合には、遺体を預かってもらうこともできます。